teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: IPADSサマースクール「作物モデルと圃場実習」Summer School "Crop Model"

 投稿者:ISMFlWqqNCFMqKISCM  投稿日:2012年 6月29日(金)05時48分20秒
返信・引用
  > No.159[元記事へ]

8AaZ5B  fpncftzgswnl
 
 

Re: IPADSサマースクール「作物モデルと圃場実習」Summer School "Crop Model"

 投稿者:KEAIlhjctC  投稿日:2012年 6月28日(木)19時38分19秒
返信・引用
  > No.159[元記事へ]

Well mcadaaima nuts, how about that.
 

地域づくり学生インターンの説明会

 投稿者:田中求  投稿日:2012年 5月 7日(月)19時37分25秒
返信・引用
  みなさま

山梨県早川町などを対象に地域づくり学生インターンを募集しており、その学内宣伝担当を仰せつかっています。
説明会担当の方からの案内を転載いたしますので、興味のある方は是非おいでください。
卒論もしくは修論1本分以上の情報だけでなく、地域とのつながりを含め、いろんな経験ができるのではないかと思います。
また、興味のありそうな学生さんへの転送も大歓迎です。

「地域づくりインターン」のご案内
こんにちは、地域づくりインターンの会 事務局の小高友里恵と申します。
当会では、首都圏の大学生・院生と、農山村の地域の人々とを「結ぶ」きっかけ作りを行っております。
夏休み期間中の2~3週間、まちづくり活動に積極的な地域に滞在し、
地域住民や役場の方々と一緒に地域づくり活動や交流プログラムに取り組んで頂きます。
今年度は、隣りの山梨県から、遠くは鹿児島県まで全部で11地域が学生を募集しております。
実際に現地に入り、地域の実状を「体感」しませんか?
東京大学にて説明会を開催致しますので、ご関心ございましたら是非ご参加ください!
とき 5月17日(木)13:30~15:00
場所 東京大学 農学部7号館B棟234・235号室
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

また、何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
地域づくりインターンの会 intern_official@yahoo.co.jp
オフィシャルホームページ http://intern-kai.sakura.ne.jp/
学内連絡先 農学国際専攻 田中求 aamotota@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
TANAKA Motomu
助教 Assistant Professor
東京大学大学院農学生命科学研究科
農学国際専攻
〒113-8657
東京都文京区弥生1-1-1
東京大学農学部2号館別館363号室
国際森林環境学研究室
電話03-5841-8247/7508
Fax.03-5841-5235
E-mail:aamotota@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆2号館別館玄関から入館するには農学部SECOMカードが必要です。
☆農学部以外の方は、まず農学部正門から入って左にある2号館に入り、2階の渡り廊下から2号館別館においでください。
 

IPADSサマースクール「作物モデルと圃場実習」Summer School "Crop Model"

 投稿者:岡田謙介メール  投稿日:2011年 8月15日(月)17時11分15秒
返信・引用
  皆様 (for English see below)

ショートノーティスで恐縮ですが、国際農業開発学コース(IPADS)は
生態調和農学機構と共催で作物モデルと実習に関するサマースクール
を開催いたします。関心のある方はどうぞご参加ください。

日時: 8月30日(火)~9月2日(金)
    開始は8/30の9:00を予定
場所: 生態調和農学機構(西東京市)
内容: 作物生育モデルAPSIMの概要紹介、練習問題によるモデルの習得
    作物収量決定に係わる作物生理学、作物生育過程調査法
    気象条件とその測定法、土壌条件
言語: 英語
詳細とお申し込みは暫定Webサイト ipads.jp/ss をご覧ください。

岡田

Notice : Summer School for Crop Modeling and Field Practice

International Program in Agricultural Development Studies (IPADS)
and Institute for the Sustainable Agro-ecosystem Services (ISAS)
organize a Summer School for Crop Modeling and Field Practices
as below. You are most welcome to participate this course.

Date : 30 Aug. 2011 (Tue) to 2 Sep (Fri)
       Start at 9:00 in 30 Aug.
Venue : Institute for the Sustainable Agro-ecosystem Services (ISAS)
        (Nishi-tokyo city, Tokyo)
Contents : Overview of the Crop Growth Model, APSIM,
           Exercises to master the model,
           Basis of plant physiology which determines the crop yield,
           Methods to evaluate crop growth in the field,
           Methodologies to measure weather parameters,
           Methodologies to measure soil data.
Language : English
Please check   ipads.jp/ss  for the detailed information and
to apply.

Kensuke Okada
-- ---------------------------------------------------------
Kensuke OKADA (Ph.D.)
Research Professor International Program in Agricultural Development Studies (IPADS)
Department of Global Agricultural Sciences Graduate School of Agricultural and Life Sciences
The University of Tokyo
Postal: Yayoi, Bunkyo, Tokyo 113-8657, Japan
Phone : +81 3 5841 0770 (in Japan: 03-5841-0770)
Fax : +81 3 5841 8883 (in Japan: 03-5841-8883)
Mail : akokada@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学
大学院農学生命科学研究科農学国際専攻
国際農業開発学コース 特任教授 岡田謙介 -------------------------------------------------

ipads.jp/ss

 

Global Health Leadership Program 2011

 投稿者:富田  投稿日:2011年 4月11日(月)15時34分50秒
返信・引用
  東京大学農学国際専攻・国際開発農学専修同窓会
ご担当者様

大変お世話になっております。
東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室の中河と申します。

Global Health Leadership Program 2011の受講生募集期間を4/20まで延長すること
にいたしました。Innovation, Leadership, Global Healthを3つのキーワードとし、
グローバルヘルスの分野で将来リーダーとして変革を起こしていける人材になってい
くポテンシャルと意思がある方を募集しています。ご関心をお持ちの博士課程学生の
方々にぜひご案内ください。

=======================

Global Health Leadership Program 2011
http://www.ghlp.m.u-tokyo.ac.jp/

Be an Agent for Change
-Building capacity for creating sustainable paradigm shifts.

The purpose of the Global Health Leadership Program is to foster the
leadership capacity of its participants by providing them with a world-class
education comprised of robust academic research and cutting-edge best
practices. GHLP graduates will enhance the well-being of human life by
collaborating on the creation of a sustainable paradigm for a harmonious
coexistence in our global community.

We have started enrolling students. The deadline of the application has been
extended - now April 20.

●Target Participants: Students in doctoral degree programs in any
discipline at any accredited university. We welcome diversity in
participants' backgrounds --from engineering to the social sciences.

●Program Duration: May -September 2011

●Curriculum: 12 lectures (10 lectures on Wednesday, 17:00-20:00, and 2
sessions on Saturday)  3-month on-the-job training (in domestic or overseas
organizations)

●Fees: This program is fully funded for doctoral students. GHLP will
sponsor travel expenses and living costs for internships. (Please note that
internship sponsorship does not apply to auditors and small administrative
fees will be charged.)

●Language of Instruction: English

●Venue: Hongo campus of Univ. of Tokyo or off-campus facility TBA

●Organizer: Department of Global Health Policy, Graduate School of
Medicine, The University of Tokyo

●Application Procedure: Curriculum Vitae (format not specified / in
English) and the attached Application Form must be submitted via email to
ghlp@m.u-tokoy.ac.jp by 20 April 2011. Applicants may be invited for an
interview. Please note that application documents will not be returned.

●Note: Program participants are required to attend all lectures. Doctoral
students are also required to satisfactorily complete a three-month
internship. This program does not sponsor auditors' internships but may in
some cases provide support for those who are willing to undertake
internships at their own expenses.

●Contact: Department of Global Health Policy, Graduate School of Medicine,
The University of Tokyo, 7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo, Japan 113-0033
Email: ghlp@m.u-tokyo.ac.jp
(Staff in charge: Ms. Nakagawa)

We look forward to hearing from you.

=======================

中河 綾子
--------------------------------------
Program Coordinator
Global Health Leadership Program
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院 医学系研究科国際保健政策学教室
Tel: 03-5841-3699 Fax: 03-5841-3637
URL: http://www.ghlp.m.u-tokyo.ac.jp/
E-mail: a_nakagawa@m.u-tokyo.ac.jp
--------------------------------------
 

修士論文計画書

 投稿者:溝口勝  投稿日:2011年 3月25日(金)15時35分37秒
返信・引用
  修士論文計画書を下記のページにアップしました。
IDとパスワードは、クラス委員または指導教員にお聞きください。

http://www.iai.ga.a.u-tokyo.ac.jp/studytour/2010/ms-plan/H22m.pdf

 

Re: 農国特論Ⅰレポート

 投稿者:溝口勝  投稿日:2011年 1月28日(金)11時23分2秒
返信・引用
  > No.154[元記事へ]

提出されたレポートは、今週25日に終了した発表会の「修士論文要旨集」と同様に編集し、保管する予定です。各自、授業で指摘された点を十分に反映させたレポートとしてください。

> 締切:2月7日(月)12:00
> 提出先:裏山さん(教務係)
> 内容:1.はじめに 2.研究方法 3.予想される結果と考察 4.まとめ

http://www.ga.a.u-tokyo.ac.jp/Tips_for_MS/2010/2010MS.pdf

 

Re: 農国特論Ⅰレポート

 投稿者:溝口勝  投稿日:2011年 1月22日(土)10時45分25秒
返信・引用
  > No.154[元記事へ]

> 内容:1.はじめに 2.研究方法 3.予想される結果と考察 4.まとめ

なお、4.まとめ の章には、必ず
「この研究のオリジナリティ(先行研究との違い)」
を1行以上書いてください。

http://www.ga.a.u-tokyo.ac.jp/Tips_for_MS/2010/2010MS.pdf

 

農国特論Ⅰレポート

 投稿者:溝口勝  投稿日:2011年 1月21日(金)17時55分26秒
返信・引用
  農国特論Ⅰ受講者各位

修士論文要旨のフォーマットに従って、A4で2枚の研究計画書を提出して下さい。

締切:2月7日(月)12:00
提出先:裏山さん(教務係)
内容:1.はじめに 2.研究方法 3.予想される結果と考察 4.まとめ
フォーマット:http://www.ga.a.u-tokyo.ac.jp/Tips_for_MS/2010/2010MS.pdf

http://www.ga.a.u-tokyo.ac.jp/Tips_for_MS/2010/2010MS.pdf

 

農学国際専攻 修了予定者各位

 投稿者:教務課第一  投稿日:2011年 1月21日(金)11時40分48秒
返信・引用
  下記事項確認のため
3号館1階学生サービスセンター内 教務課専攻支援チームまでおいでください。最終学年で今年度修了しない方も手続きが必要です。

確認事項:
1.学位記記載事項の確認
2.卒業後の進路状況調査

期限:1月28日(金)
 

レンタル掲示板
/16